クレボンの洗車 ~丸投げ編~

こんにちは、わりと大雑把なヨシタカです。

 

先日、とても繊細な大家さんにお会いしました。

仕事でエアコンの設置をしに、とあるアパートに訪れていた。

 

大家さんからの指示で、外機の置き場所を指定されていた。

指示通りの場所に外機を設置する。

 

しかし大家さんからは「これでは私が通れないから、もう少し後ろにズラしてもらえない」と言われた。

後ろには全く空きがないのだが…。

 

気持ち程度(1〜2cm)ずらしたら、これで何とか通れると言われた。

位置は変わってないが、気持ちが変わるのだろう。

 

それでは、本題です。

 

今回は、クレボンの洗車を『ガソリンスタンド』に依頼してみた。

 

本当は自分で洗うのが一番良いのだが、我が家はマンション暮らしで自宅では洗えない。

前回『クレボンの洗車(本気編)』のように、クレボンに梯子を積んで洗車場に向かうのは大変だ。

 

そんな時に、近くのガソリンスタンドで、キャンピングカーの手洗いを3500円(税込)でして頂けると聞いた。

ものは試しと、一度お願いしてみる事にした。

 

昼食

洗車前にガソリンスタンド近くのうどん屋で昼食を取る。

 

ここは料金がかなり安い。

注文した品物は

『えび天うどん 480円』

『昆布うどん 380円』

 

お会計を済ませると、サービス券を2枚渡された。


もともと安いのに、何と100円引きのサービス券なのだ。

さらに1人1枚使えるので、次回は200円引きにもなる。

なんとも太っ腹なうどん屋だ。

 

ガソリンスタンド到着

今回手洗いを依頼したガソリンスタンドは『出光』

 

ガソリンスタンドに入るとスタッフの方数人が、クレボンを凝視して固まっている。

誘導がないので、洗車を予約した者ですと伝える。

すると…。

スタッフ「大きいですねー…洗車場に入らないかもしれないですね…」

 

なんとキャンピングカーの洗車依頼は、今日が初めての事だそうだ。

事前に、キャブコンで高さが2.8mほどあると伝えていたのだが…。

断られるのかと、内心焦ってしまう。

 

しかし。

 

スタッフ「とりあえず、入れてみましょう。鍵をお借りできますか?」

 

そう言って、スタッフの方はクレボンを洗車場へ移動させた。

 

高さは、全く問題無しだった。

 

スタッフ「作業時間は1時間ほどかかりますので、待合室でお待ち下さい」

 

妻は待合室で待つことに、ヨシタカはクレボンの撮影係だ。もちろん撮影の許可は得ている。

近くで撮影すると邪魔になるので、離れて撮影するが今度は出入りする車の邪魔になりそうだった。

それならと、道路を渡り道向かいの歩道から撮影することにした。

ここからなら、スタッフの方の目障りにもならないだろう。

 

洗車開始

作業はスタッフ2名で行われた。

 

まずは、高圧洗浄機で全体の汚れを落とす作業。

 

 

次に泡洗剤をかける作業。

クリーミーな泡がクレボンを包み込む。
気持ち良さそうだ。

 

フロント部分が泡に包まれると、次は手洗い作業。

部分ごとに洗って流す作業、さすがはプロのお仕事だ。

 

屋根上は届く脚立がないそうで、クレボンのラダーを使って屋根上に登られた。

靴を脱いで裸足で上がられる丁寧さ。

寒いなか申し訳ないです。
有難う御座います。

 

手早く手洗いして、すすぎ作業。

 

すすぎが終わると、次は水切り作業。


吸水タオルを使い慣れた手つきで水を切っていく。

ヨシタカはこの吸水タオルが上手く扱えない…。

 

エアーを使い、タオルでは拭きにくい場所の水を飛ばす。

 

水切りが終わると、次は拭き上げ作業。


2枚のタオル(吸水タオルと拭き上げタオル)を使い分けて、水分が残らないように何度も拭き上げていく。

大きい子で申し訳ないです。

 

拭き上げが終わると、仕上げにタイヤワックスをかけて頂けた。

 

これで手洗い作業は終了だ。

作業時間は約1時間。

ヨシタカが洗うより3倍も早い。

さすがはプロのお手並みだ。

 

各部ビフォーアフター

リア

 

ロゴ

 

屋根

 

タイヤ

 

クレボンが新車の輝きを取り戻す。
ボディ、ガラス、タイヤ部分は大満足の仕上がりだ。

しかし、なんとなく予想はしていたが一部汚れが取れていない箇所がある。
それは、コーキング(ゴム)部分だ。

コーキング部分は車用の洗剤では、汚れが落ちないのだろうか…。

何か良い方法があればいいのだが。

 

洗車ついでにバックカメラの撥水作業をする。

雨の日はいつも水滴が付いて見にくかった。

これで雨の日も快適だろう。

 

カーメイト 洗車用品 カメラレンズコーティング エクスクリア 3ヶ月持続 8ml C108

 

この仕上がりとサービスで3500円は破格の値段で大満足ではないだろうか。

屋根上を洗う時はまたお願いしたいと思う、ヨシタカでした。

 

ランキングに参加中クリック頂けると幸いです↓

キャンピングカーブログランキング参加用リンク一覧  

 

次の記事 【クレボンの洗車 ~丸投げ編~】

前の記事 【あがく女】

目次へ

広告

クレボンの洗車 ~丸投げ編~” への8件のフィードバック

  1. ハブからサビが
    少し心配ですよ。雪道走行後 水で流さないと、ハブ折れしますよ。車体が重い為ボルトにかかる重量がかなりありますからね〜
    カムロードはハブに注意 トルクレンチでチェックしてねー

    いいね

  2. いつも読ませて頂いています。都内のキャンピングカーオーナーです。何度か拝見させて頂いて気がついたのですが天井のソーラーも水洗いしていませんか?ソーラーは水道水で流すとカルキがついてドンドン痛み、発電効率が落ちていきますので。もしご存知なかったならお気をつけて下さいね

    いいね

    1. 初めましてヨシタカです😊

      コメントを頂き有難う御座います。

      確かにソーラーは水道水の使用で、カルキが付着して発電効率が落ちるみたいですね😫

      ただ、家屋のソーラーとは違い角度が付いていないので汚れが直ぐに溜まってしまいます…。

      車なので洗車をするから水道水の使用は避けられないかもしれません😅

      いいね

  3. いつも行くGSで手洗い洗車2500円と標示されていたので
    キャンピングカーは?と聞いて見たら3200円。
    で、聞いていくとあくまでもボディのみで
    タイヤ&ホイルクリーニング2000円~
    フロントガラスクリーニング1000円~ と
    どんどん跳ね上がって行くので地道に自分で洗車しています。
    自分も屋根は裸足ですね。滑らないので。でも冬は流石に
    冷たいので屋根は洗浄しません。
    ソーラーも水洗いした事無いですね。洗車中に何回か踏んづけた
    事はありますが(笑)鳥の糞が付着する事があるのでその時、
    ワックスを拭き取るマイクロファイバーを少し湿らせて
    拭くする程度です。素人感覚ですが住宅のソーラも洗っているのも
    見た事無いのでいいのかな?って言う感じです。実際はメンテとか
    していると思うのですが。バックカメラには
    ガラコミラーを使っています。ミラーにも使えるし、
    スプレーするだけで拭き取りしなくてもいいので
    カメラにも使ってみたらそこそこ効果はありました。
    あとはプレクサスですね。
    最近ではドンキーでも売っていてちょっと高いですが
    色々と使えるので持っていて損はしないと思います。
    ハブから錆び、確かにちょっと早いかもです。
    我が家はクレソンの時、何も考えず今の様に雪国へ行って
    2年後にひどい目に遭いましたから。
    昨年、見映は悪いですがホイルも防錆ホイルにしました。
    東京は地方に比べてスプレー洗車場が少なく且つ
    高さ制限もありキャンピングカーが入れる所が限られてしまうので、
    クレソンの時から床面は車検毎に防錆加工を施してもらって
    いますが、雪国の帰りはもちろん1年を通しても地方で
    キャンピングカーが入れるコイン洗車場を見かけると
    必ずボディより足回り床面はよく洗車しています。
    それでも隅の方は錆が出てきています。
    まだそんなに焦る事は無いと思いますが完全防備は
    不可能ですが劣化を遅めるのは十分可能です。
    コーキング部の汚れはなかなか厄介ですね。
    色々試したのですが目地マーカーも使いましたが出来上がりは
    綺麗ですがイタチごっこでキリが無いので今はもう諦めました。

    いいね

    1. 亀萬さん
      こんにちは〜🎵
      キャンピングカーの手洗いは、他のガソリンスタンドでもされている所はあったのですが、今回の場所が1番安かったですね😊

      高い所は6000円と言われてましたので、流石に出そうとは思いませんでした😅

      月に1回3500円なら、毎月クレボンを床屋に連れて行ってあげてると思うようにしてます😄

      ソーラーは汚れが溜まると発電効率が落ちるようですね。
      住宅のソーラーは傾斜が付いてて雨で汚れは落ちるようですが、キャンピングカーはどうなんでしょうね😫

      色々な意見がありますが、一番は手間が掛らないのが良いですね(笑)

      バックカメラにガラコミラー有りですね🎵
      そっちの方が安上がりですね😆

      ハブの錆は…気になりますね😓
      防錆材を検討せねば😣

      キャンピングカーを洗える洗車場は少ないですよね…。
      RVパークやオートキャンプ場にそういった施設ができたらいいんですがね〜😀

      いいね

  4. はじめまして(^^)
    同じクレボヤに乗ってるものです。
    コーキング汚れですが、シリコンオフで拭くと綺麗になりますよ。
    コーキングにダメージも与えないようなので安心して使えます。
    塗装前の油分落としなので、車の塗装コーナーに行くと手に入りますよ。

    いいね

    1. クレボヤさん
      初めましてヨシタカです🎵
      同じクレソンボヤージュ乗りとは嬉しいです🙌

      コーキングの汚れは手強いですが、シリコンオフで拭くと綺麗になるんですね〜😆
      貴重な情報を教えて頂き有難う御座います😳

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中