オートクルーズ取付〜初DIY〜(準備編)

こんにちは、不器用なヨシタカです。

 

今回はオートクルーズ(別名:クルーズコントロール)と、同時にオートライト(別名:コンライト)の取付に挑戦しました。

 

実は今まで、車の事に関しては全てプロの方にお任せしていた。

 

餅は餅屋の考え方だったが、キャンピングカーを購入して色々な方のブログを拝見して、少し考え方が変わってきた。

 

キャンピングカーは普通車と違い色々な不具合が起こりやすい。

その都度、プロに任せていては駄目なんじゃないだろうかと。

 

そう思い、できる事は自分でやろうと今回初のDIYに挑戦することにした。

 

ナッツの担当整備士の方からは、車輌を持ってくればお手伝いしますと、とても有り難いお言葉を頂いた。

 

だが、これからは少しでもできる事はやらなければ。

いや、やってみたい!

 

もちろん、無理な部分はプロにお願いする。

 

取り付けする車両詳細

ベース車:カムロード(2016年秋にモデルチェンジした新型)

型式:QDF – KDY231改

駆動:2WD

エンジン:ディーゼル

 

オートクルーズ

今回取り付けるオートクルーズはコチラ↓

 

ヨシタカが購入した物は、新型カムロードに対応した、車種別専用ハーネスとブレーキハーネスがセットになっている物だ。

 

同時にレバー用のスペーサーも一緒に購入したが、上記セットに含まれていたので無駄になってしまった…。

 

準備その一

自分でやるからには徹底してやりたい。

まずは取り付け方の知識を得る為に、下記サイトや動画を参考にさせて頂いた。

 

オートクルーズ本体の取り付け方参考

収穫丸(ZIL5)と行く!

 

カーナビゲーション端子識別

VANTECH(ページの最下部にナビ配線色の識別を記載)

 

配線接続方法や工具の参考

DIYラボ

 

インパネの外し方の参考動画

 

このような情報はとても助かります。

各サイトのオーナー様、本当に有難う御座います。

 

配線接続方法

配線接続方法はエレクトロタップを考えていたが、接触不良などで信頼性が低いようだ。

なので、今回配線接続で使用する方法は、信頼性が高いスプライス端子を利用する事にした。

引用:エルパラ

 

準備その二

必要な工具を準備する。

 

工具選びはとても重要だ。

良い工具があれば、おろそかな技術を多少なりカバーしてくれるはずだ…と思う。

 

さらに今回購入する工具は1回限りではなく、これからクレボンで何度も使用する事になる。

だから、なるべく使い易い物を購入したい。

 

探し求めた店舗はホームセンターならナフコ、グッデイ。

 

電材屋ではコスモ電材、健デポ。

 

カー用品店ではオートバックス、イエローハット。

 

工具専門店ではアストロプロダクツ。

 

他ダイソー。

 

色々な店舗を何回も行き来していると、工具選びだけで午前を費やしてしまった。

 

よくある事だ…。

 

購入した工具(材料)一覧

 

今回厳選して選んだ工具はこれらだ↓

ワイヤーストリッパー 3180円(ナフコで購入。信頼のある国内メーカ、フジ矢の製品)

 

クルマの配線工具セット 2138円(イエローハットで購入。セット内の電工ペンチのみが欲しかった)

 

スプライス端子20個 270円(アストロプロダクツで購入。1個辺り13.5円…なくさないようにしなきゃ)

 

熱収縮チューブ 508円(アストロプロダクツで購入。大小様々なサイズのチューブが数種類入っている。長さも丁度良く使い勝手が良さそうだ)

 

着火ライター 108円(ダイソーで購入。熱収縮チューブを収縮させる為に購入。フリント式ライターは煤が出て配線が黒くなる為、電子式ライターが良いそうだ)

 

養生テープ 265円(ナフコで購入。傷防止とインパネを外す為に購入)

 

はんだ 368円(ナフコで購入。万が一スプライス端子が使えなかった場合は、はんだ付けで対応する)

 

内張り剥がしセット(Amazonで購入。事前にネットで購入していた)

 

 

電工ペンチ

今回の工具選びで1番悩んだのが、電工ペンチだった。

電工ペンチは様々な機能[配線を切る、剥く、端子の圧着]などが、ひとまとめになったペンチだ。

 

しかし、実際に使用する部分は②のファストン端子(スプライス端子やギボシ端子)を圧着をする部分しか使わないだろう。

他の機能は無くても構わない。

むしろ、①の先端の配線を切る部分などは無い方が安全だ。

 

理想の電工ペンチを探し求めてお店を歩き回る。

 

どのお店を見ても、先端には配線を切る部分が付いている。

仕方ないと諦めかけた時に、ダメ元で入ったイエローハットにそれはあったのだ。

 

電工ペンチ単体ではなく、クルマの配線工具セットに含まれた電工ペンチが、まさに探し求めた物だったのだ。

 

 

持っていた工具一覧

もともと仕事で使用していた自前の工具、今回の作業で使用した工具は下記だ。

右から
・プラスドライバー(ビットの差し替えが可能なタイプ。六角ソケットと差し替える)

・六角ソケット10mm(ナビを固定している六角ボルトを外すのに使用)

・六角ソケット12mm(ボディアースの六角ボルトを外すのに使用)

・万能ハサミ(配線を切ったり、インシュロックを切ったりする)

・カッター(スイッチカバーから配線を通す為の穴あけに使用)

・細いノコギリ(スイッチカバーから配線を通す為の穴あけに使用)

・細いマイナスドライバー(ギボシ端子を奥までしっかり入れるのに使用)

・L字ピック(内張りのピンを外すのに使用)

 

材料

持っていた材料で、重要な物が2つある。

・絶縁テープ(熱収縮チューブが使えない箇所の配線の絶縁に必要)

 

・ロックタイ(タイラップやインシュロックともいう。配線を束ねたり、機器本体を固定したりする重要な材料だ。機器の付属品にもインシュロックは入っているが少ないし短い。用意するなら黒色の耐候タイプで、長さは20cm以上の長さがあると束ねやすい)

 

材料と工具に関しては以上。

なくてもいい物もあるが、一応上記の物があれば、オートクルーズとオートライトの取り付けは問題なく出来るだろう。

 

続く『オートクルーズ取付〜初DIY〜(作業編)

 

ランキングに参加中クリック頂けると幸いです↓

キャンピングカーブログランキング参加用リンク一覧  

 

次の記事 【焼き鳥の疑問】

前の記事 【飛行機恐怖症】

目次へ

広告

オートクルーズ取付〜初DIY〜(準備編)” への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中