買ってよかった炊飯器

こんにちは、ヨシタカです。

 

世間話

3月はお引越しシーズンです。

ヨシタカのこの時期の仕事は、転勤をされるお客様のエアコンを外したり、取付けたりします。

仕事としてはとても有り難いのですが、転勤をされるお客様は皆、どこか浮かない表情をされている。

それもそのはずだ、今まで住んでいた場所から知らない土地へ引っ越すのだから。

中には、転勤をすれば同時に昇進をされる方もいた。

しかし、同じく浮かない顔をされていた。

なぜなら、転勤先がとある離島だったからだ。

昇進を素直に喜べないのは、なんだか悲しいものだと思ってしまった。

転勤があるからヨシタカも仕事があるのだが、素直に喜べない気もする今日この頃でした。

 

さて本題です。

今回のブログは過去記事『キャンピングカーの炊飯器』でも紹介したクレボンに車載している炊飯器について補足します。

我が家が購入した炊飯器はこちら。

 

日立 おひつ御膳 『RZ-WS2M』

 

 

おすすめポイント

・製品名通り加熱部(本体)と分離して、おひつになる。

バーベキューなど外で食事をする時は、おひつだけを持っていけるので、車内に戻る必要がない。

 

 

・保温機能(電気)を使用せず、おひつの状態で約2時間はあつあつ状態が続く。

キャンピングカーの節電にはもってこいだ。もちろん、熱源部を使えば、通常の保温機能も使える。

 

・2人旅に丁度いい2合炊き。

少量が美味しく炊ける(我が家は水を多めに入れて柔らかめに炊く)。

 

・本体がコンパクト

サイズがコンパクトなので、ギャレーの上に置いても邪魔にならない。また、収納場所にも困らない。洗う時もシンクで楽々洗える。

 

収納場所

炊飯器の収納場所は、エントランスドアの横にある一人がけの椅子の下に収納している(下記画像は旧型のクレソンボヤージュなので、多少レイアウトが異なる)。

 

まとめ

デザインも良く、コンパクトで、省エネな炊飯器。

キャンピングカーの2人旅にはもってこいの炊飯器だと思う、ヨシタカでした。

 

ランキングに参加中クリック頂けると幸いです↓

キャンピングカーブログランキング参加用リンク一覧  

 

次の記事 【クレボンの帰還 ~二度目の納車~】

前の記事 【初サイドオーニング展開 ~練習編~】

目次へ

広告

買ってよかった炊飯器” への4件のフィードバック

  1. 転勤で北海道から九州まで7回、同一地区での社宅転居も含めて計10回の引越し。
    会社費用なので梱包、開封は全て自分。
    その間に私は引継資料の作成で残業、あいさつ回り、送別会。
    新任地でも資料の確認や地元情報、人事情報などで残業、あいさつ回り、歓迎会。
    規程では前後に赴任休暇というものがあるんですが、実際はせいぜい荷出日と荷入日の当日だけ。
    (荷入日の午後から出社ということもありました)
    荷物の梱包、開封は家内の体力勝負だけです。
    憂鬱な顔をしているのは、そんな「疲れ」が表情に出てるのかも。
    新任地の不安はありますが、会社費用で旅行ができ、新しい出会いがあると思えばわくわく感も若干ありますよ~!
    北海道では夏休みには世界遺産になる前の「知床」、更に「利尻島、礼文島」。
    九州では「五島列島」の強烈な台風、噴火した翌々年の「雲仙普賢岳」。
    二度目の北海道は赴任翌年の「有珠山噴火」に遭遇。
    そういえば面白いことがありました。
    岩手から長崎に行くときは、みんなが「いいなあ!」
    長崎から函館に行くときは、そろって「大変ですね!」って!
    江戸時代から長崎は注目の的。
    一方、蝦夷地赴任は皆さん“飛ばされた”と思ってるらしい。
    長くなりましたが、それだけドラマを体験できたことは幸せもんです。

    いいね

    1. aomori.nさん
      こんにちは〜🎵

      10回もお引越しをされてるんですね。
      もう、お引越しのベテランですね😅

      転勤も会社費用で旅行と聞くと悪い気はしませんね😃
      ただ、私が話した方は引越し費用は実費と言われてました…😫

      長崎は注目の場所だったんですね〜😆
      逆に函館は大変なイメージだったんですね😅

      私のイメージでは長崎は『坂道が大変』、函館は『寒い』で大変そうな気がしました(笑)😀

      いいね

  2. 長崎ではバスの片道定期券というのがあるのをご存知でしたか。
    ご指摘の通り、坂道というか急斜面にへばりついて家々があるので、出勤する時は長~い階段を歩いて下りてきて、バスか路面電車か徒歩で出勤。
    帰りは自分の家の上にあるバス路線の、もよりの停留所で降りて、これまた階段を歩いて下りて自宅到着。
    という珍しい現象を45歳で初めて知りました。
    小さな日本でもこんな状態ですから世界は、もっと「ふしぎ発見」なんでしょうね。
    海上タクシーというのも初めてでした。
    ちなみにキャンカーに初めて乗せてもらったのは当分譲地に来てから!
    長生きはするもんです~~!

    いいね

    1. aomori.nさん
      片道定期券…そんなのがあるんですね。はじめて聞きました😅
      長崎は、なかなか特殊な街の作りですね😧

      私の知り合いの方が長崎で配送業をされていたのですが、長崎で配送業が出来れば何処でもやっていけるだろうと言われてました😓

      長崎の街はとても素敵で何度も遊びに行きたくなりますが、仕事ではあまり行きたくないなと思いました😅

      世界はほんとにふしぎ発見がいっぱいでしょうね😀
      日本を全部回ったら海外も行ってみたいですね😆

      aomoriさんのところにお伺いした時は、是非ともクレボンも見てやって下さい🎵

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中