超長距離旅行〜運転支援編〜

こんにちは、ヨシタカです。

 

先日ニュースサイトを見ていたら、とても興味深い記事を見つけた。なんでも金属のサビを簡単に除去できるというものだった。

その方法は、サビついた金属に特殊なレーザーを当てると、サビだけが除去され金属には一切ダメージがないそうだ。下記サイトに動画あり。
元ネタサイト

下記は別会社のサビ取り動画

 

なんと凄いことか!
サビ落としの革命だ!

これが実用化してガソリンスタンドなどに普及すれば、
ハブボルトのサビ完全除去 【1本/500円〜】
とかにならないだろうか、喜んで半年に1回は依頼するだろうな…。

さて本題です。

きたる超長距離旅行に備えて、長距離運転の支援グッズを今まで多数導入してきました。

今回の記事は我が家が使用する、運転を快適にする支援グッズをご紹介します。

 

機器を使った運転支援グッズ

・オートライト

Bullcon(ブルコン) フジ電機 Light Crew ライトクルー オートライトユニット 12V/24V 汎用タイプ ALC-110

 

・オートクルーズ

PIVOT ( ピボット ) スロコン 3-drive REMOTE 3DR (クルスロ) 専用ハーネス3点セット【3DR / TH-1A / BR-2】3DR-1A-2

 

・ナビ

ワイド7型VGA地上デジタルTV/DVD/SD AVナビゲーション NX717

 

身体安らぐ運転支援グッズ

・クッション

座クッション、腰クッション、首クッションの3点セットでレカロシート並の快適さ(レカロシートに座ったことはないが)。

クッションがあると長距離運転が凄く楽になる。特に座クッションは必需品だ。なるべく厚みがあって柔らかいタイプがおすすめ。長時間運転してもお尻が痛くならない。

ちなみに妻専用シートのクッションはこんな感じ。

 

・ティッシュケース

ティッシュは入れないが運転支援には必需品。これがあるのとないのとでは大違い。

何に使うかというと、運転席の左足の足元に置く(アクセルやブレーキに干渉しないように)。

そう。これは左足を乗せるための足置きになるのだ。

ティッシュケースの上に足を乗せるだけで、かなり楽になる。
さらに、ティッシュケースの角や、取り出し口が良い感じで足ツボマッサージになる。

うん。見た目より、機能性重視だ。

 

精神を癒やす運転支援グッズ

・ティーポット

 

コーヒーを作るためのお湯を入れるティーポット。保温能力が高く長時間の保温ができる。助手席の妻が愛妻コーヒーを入れてくれる。

 

・タンブラー

コーヒーを淹れて飲むためのタンブラー。
最初は紙コップを使用していたのだが、カムロードのドリンクホルダーに紙コップを入れると、見事に全体が収まってしまう。

その点、このタンブラーは丁度良いサイズで取出しやすい。
また、蓋を付けることもできるので、保温性が増すのと、中身が飛び散るのを防ぐ優れものだ。

 

・お菓子入れケース


中には飴や、チョコレート、クッキーなど色んなお菓子が入っている。
甘いものは運転で疲れた脳の疲労を回復してくれる。ただ食べ過ぎは禁物だ。

 

まとめ

以上の運転支援グッズを活用して、超長距離旅行を快適に楽しみたいと思う。

ちなみに最大の運転支援は助手席の妻だと思うヨシタカでした。

 

ランキングに参加中クリック頂けると幸いです↓

キャンピングカーブログランキング参加用リンク一覧  

 

次の記事 【車旅の駐車場の探し方】

前の記事 【タイヤの安全を考えて〜自己管理〜】

目次へ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中