GW旅行(6)〜宮崎といえばモアイでしょ〜

こんにちは、ヨシタカです。

今回はGW旅行6話目です。

 

GW旅行(過去記事)

GW旅行(1)〜出発〜』(1話目の記事)
GW旅行(2)〜喧嘩勃発〜』(2話目の記事)
GW旅行(3)〜神話の奇跡〜』(3話目の記事)
GW旅行(4)〜宮崎といえば地鶏でしょ〜』(4話目の記事)
GW旅行(5)〜男はつらいよ〜』(前回の記事)

 


 

前回のあらすじ

夫婦喧嘩で旅行は終了かと思いきや、なんとか落ち着き旅行は続行。

 

昼食

時刻はお昼12時。
宮崎市内にあるチキン南蛮で有名なお店『味のおぐらチェーン本店』へやってきました。
宮崎県内だけで展開するチェーン店です。

ここは雑誌やテレビでも紹介される人気店なので、多少の行列はできてるだろうと思ってましたが…

多少どころではなかった。
これを並んで待つと観光の時間がなくなりそうなので、泣く泣くチキン南蛮は諦めることにしました。

代わりに選んだ昼食は生食パンで有名な『乃が美』です。
こちらは全国チェーンです。

妻の服装が乃が美カラーとマッチしてます。

乃が美で生食パン2斤(864円)

それと、デザートに『南国プリン(420円)』。

昭和の幸せを詰め込んだスイーツだそうです。

どちらも美味しゅうございました。

 

 

サンメッセ日南

宮崎といえばサンメッセ日南のモアイ像をイメージします。
小さい頃から一度来てみたいと思っていた場所です。
また1つ夢が叶いました。

■施設情報
住所:宮崎県日南市大字宮浦2650
電話番号:0987-29-1900
営業時間:9:30~17:00 定休日 毎週水曜日(年末年始・GW・お盆・祝日は営業致します。)
駐車場:220台(無料)
入園料:一般:大人700円、中学生500円、小人(小学生~4才) 350円

 

駐車場は220台分ありますが、この日は連休で車が多く施設内の駐車場は利用できませんでした。

施設から約5分ほど離れた鵜戸小学校が臨時駐車場になっていました。
そこから無料のシャトルバスで向かいます。

 

世界で唯一の完全復刻のモアイ象

サンメッセ日南にはイースター島の許可を得て、世界で唯一7体のモアイ象(アフ・アキビ)を完全復刻することができました。

モアイ像の高さは約5.5m、重さは約18~20トンもあるそうです。

この7体のモアイ象は、触れることで運気が上がるジンクスがあるそうです。
触れるモアイ像によって運の種類が変わります。

左側から順に(1)仕事運(2)健康運(3)恋愛運(4)全体運(夢叶う)(5)結婚運(6)金運(7)学力運

重要な順番で並べるとしたら…

恋愛運、健康運、仕事運、金運、全体運(夢叶う)、学力運、結婚運でしょうか。

もうケンカしませんように”と強く願いながら恋愛運のモアイ像をペタペタと触りまくる。

他のモアイ像もまんべんなく触ります。
2往復は触ります。

妻は健康運のモアイ像を重点的に触って、目眩や逆流性食道炎が良くなるようにと願います。

サンメッセ日南はモアイ以外にも世界の珍しい昆虫展や、蝶の地上絵などがあります。
施設が広いのでラウンドカート(30分1000円)の貸出もされています。

1日遊べそうですが、今回は時間がないのでモアイ像だけにします。

 

鵜戸神宮

次は、縁結びや安産のパワースポットとして人気の高い『鵜戸神宮』へやってきました。

■施設情報
住所:宮崎県日南市大字宮浦3232番地
電話番号:0987-29-1001
営業時間:4月~9月:午前6時~午後7時
10月~3月:午前7時~午後6時
駐車場:有り(無料)
入場料:無料

駐車場は第一駐車場、第二駐車場、鵜戸観光駐車場(大型車可)があります。

第一駐車場は社務所まで徒歩1分と一番近い駐車場なのですが、駐車場が狭くキャンピングカーは第二駐車場へ誘導されます。

第二駐車場から歩くこと約10分、ようやく楼門へたどり着きました。
坂道、階段などアップダウンがある道は妻には結構キツかったようです。

鵜戸神宮の神使は『ウサギ』

一説では鵜戸神宮の『鵜』が『卯』から『兎』へと転じたと言われています。
境内のいたるところにウサギの象があります。

 

鵜戸神宮は国の名勝

日南海岸の景色の美しい海岸線沿いに神社が建っています。
こんな美しい場所に神社があるなんて驚きです。

さらに驚くのは、鵜戸神宮の本殿はなんと洞窟の中にあるのです。

そのため、参拝するには崖にそって作られた石段を降りる必要があります。
本殿が降りたところにあるのは「下り宮」と呼ばれ、とても珍しいそうです。

これが本殿です。

本当に洞窟の中にあります。

この洞窟は、波が長い時間をかけて少しずつ岩を削ってできた天然のものだそうです。
自然の力は凄いですね。

 

撫でうさぎ

本殿の奥へ進むと『撫でうさぎ』があります。

鵜戸神宮の神使、ウサギをなでることで病気平癒や開運、飛翔などの願い事が叶うといわれています。

妻はいつものように目眩と逆流性食道炎が良くなるようにと祈願します。

そういえば、福岡県の太宰府天満宮には『撫で牛』があります。
神使を撫でて祈願するのは色々なところにありますね。

 

お乳岩

さらに奥へ進むと『お乳岩』があります。

このお乳岩は『豊玉姫(山幸彦の妻)』が海宮に戻ることになった際に、子への愛情と健やかな成長を願い、両乳房を岩に貼り付けたとされる。

ちなみに豊玉姫が海宮へ戻った理由は

豊玉姫が出産の時に「お産をする私の姿を決して見ないで下さい」と山幸彦に言い残し産屋に入っていきます。
ところが好奇心が勝ってしまい山幸彦は産屋の中を覗いてしまうのです。

そこにいたのは身をもがく巨大な八尋和邇(サメ)でした。

覗かれた事を知った豊玉姫はそれを恥じて子供を残し海神の国との境界を閉じて綿津見の宮へと帰ってしまいます。

「覗きはダメでしょ!」と言いたくなりますね。

お乳岩は見る角度によっては女性の上半身にも見えるような気がします。

 

運玉投げ

鵜戸神宮へ訪れた際に必ずやってみたいと思っていたのが『運玉投げ』です。

崖の上の参道から「運玉」という土の玉を投げ、下の岩のくぼみ(亀石)に入ると、願いが叶うと言われています。

運玉は5個100円です。

まずお願い事をし、男性は左手、女性は右手で運玉を亀石めがけて投げます。

 

まずはアキちゃんが挑戦。

一投目、外れ。

二投目、外れ。

三投目、はず、入った!

なんと、三投目で見事に入りました。

 

次は私が挑戦します。

一投目、外れ。

二投目、外れ。

三投目、外れ。

四投目、外れ。

伍投目、外れ。

………100円追加。

再度挑戦。

全部外れ。

100円追加、外れ、追加、外れ、追加……。

ふぅ。

二十五投目、入った!

ようやく入った!!

 

………あ、願い事するの忘れてた。

 

 

続く。

 

↓ランキングに参加中クリックいただけると幸いです↓

キャンピングカーブログランキング参加用リンク一覧

次の記事 【GW旅行(7)〜キャンピングカーの有難み〜】

前の記事 【GW旅行(5)〜男はつらいよ〜】

目次へ

GW旅行(6)〜宮崎といえばモアイでしょ〜” への4件のフィードバック

  1. 少し密着度が高くなりましたが、まだまだ心から許されていませんよ!
    でも、旅行が続けられることになってよかったですね。
    私達も昔、日本海の離島への観光旅行の前夜にケンカしましたが「中止するのはみっともないから着いて行ってやる」というので出かけました。
    料理自慢の民宿で大好物のウニもたっぷり食べて、ビールも調子よく飲んで、一見、仲直りかと思ってましたが、最終日の帰宅途中に日本海の日没写真を撮りたくて車で20分位待たせていたら「いいかげんにしてよ!」とひと言。
    帰宅してからも2~3日は口をきいてもらえませんでした!!

    いいね

    1. aomori.nさん
      こんにちは(^^)
      女性の機嫌は山の天気のようですね。
      女性と男性は考え方が違うので分かり合うことは難しいでしょうが、上手な対策を考える必要がありますね^^;

      いいね

  2. 女性へのご機嫌とりは甘いスイーツが鉄板です(笑)
    キャラバン中は体重は重くなりますが財布は軽くなる一方です(笑)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中