ジャパンキャンピングカーショー2020〜新型クレソン編〜

こんにちは、ヨシタカです。

今回はジャパンキャンピングカーショー2020〜新型クレソン編〜です。

 


↓ランキングに参加中クリックお願い致します↓

キャンピングカーブログランキング参加用リンク一覧

ジャパンキャンピングカーショー2020(記事一覧)

ジャパンキャンピングカーショー2020〜出発編〜(1話目の記事)
ジャパンキャンピングカーショー2020〜入場編〜(2話目の記事)
ジャパンキャンピングカーショー2020〜YouTuber編〜(3話目の記事)
ジャパンキャンピングカーショー2020〜YouTuber編(2)〜(4話目の記事)
■ジャパンキャンピングカーショー2020〜新型クレソン編〜(今回の記事)


 

新型クレソン

今回のキャンピングカーショーでは、遂にナッツRVの新型クレソンが登場しました。

 

18年の時を経てクレソンがフルモデルチェンジをして新登場。

その名は!!

 

クレソンジャーニー

 

………うん。

 

最初にジャーニーって聞いたとき、ふと某イケメン集団が頭に浮かんできました。

しかし違います。
似てますが違います。

ジャーニーの意味を調べてみました。

ジャーニー(journey)とは、英語で『船旅』や『あてのない旅』など、比較的長い旅を意味するそうです。

おお!良いじゃん!!

まさにキャンピングカーらしい名前でした。

 

クレソンジャーニー11箇所の変更点

クレソンジャーニーを実際に見て、私が気づいた変更点11箇所をお伝えします。

※この変更点は私が知っているクレソンボヤージュとの変更点なので、最新のクレソンボヤージュでは既に適用されている箇所があるかもしれません。

まずは外装から見ていきましょう。

 

家庭用エアコンの室外機部分

従来のクレソンボヤージュの室外機部分はこんな感じです。

 

それがこんな感じに変わりました。

エアコンの室外機を設置している部分の外部扉がなくなりお洒落な作りになりました。

とてもお洒落で格好いいのですが、修理とかメンテナンスをする時はどうするんでしょうかね。

 

 

アルミホイールとタイヤ

エボライトを選択するとアルミホイールと、ミュシュランのアジリスキャンピング(キャンピングカー専用タイヤ)が標準装備で付いてきます。

 

アルミホイールのカラーは3種類あります。

ブラック、シルバー、オレンジ。

オレンジは新色で、オプション料金がかかります。

個人的にはシルバーが一番好みですね。

 

テールランプ

従来のクレソンボヤージュのテールランプ。

 

クレソンジャーニーのテールランプ。

今までの見た目とは違いさらにカッコよくなっています。

 

メインバッテリー収納庫

メインバッテリー収納庫の扉が変わりました。

従来のクレソンボヤージュのメインバッテリー収納庫。

 

クレソンジャーニーのメインバッテリー収納庫。

以前は下から上に開く扉だったのですが、今回は上から下に開く扉になっています。

 

シェル

従来のクレソンボヤージュ(タイプR)のシェル。

 

クレソンジャーニー(タイプW)のシェル。

 

今回最も大きな変更点は、シェルの作りがFRPの一体成型ボディからパネル工法へ変更されました

このパネル工法は板状のパネルを組み込んでいるため外観が従来よりも四角くなっています。

今までのクレソンには床面、天井面には断熱材が入っていませんでした。

今回使用されているパネルは床面、天井面、側面、背面それぞれ独立しており各パネルには断熱材が組み込まれています(下記画像は床面の断熱)。

 

パネルの中に入っている断熱材の厚みも30mmから35mmに変更になりました。

これにより断熱性・耐久性が大幅に向上しています。

さらに軽量化にもなっています。

軽量化することで、タイヤへの負担が減りバーストが軽減します。

また、ブレーキの効きも良くなり安全面にも繋がります。

 

 

バンクベット

従来のクレソンボヤージュのバンクベット。

クレソンジャーニーのバンクベット。

室内のバンクベットがより広くなりました。

クレソンボヤージュのバンクベットの高さは約54cmでした。

クレソンジャーニーのバンクベットの高さは約65cmあります。

10cmほど高くなっています。

これによりバンクベットの圧迫感が少なくなって、より快適に就寝することができます。

 

室内の壁と天井

従来のクレソンボヤージュの壁と天井。

 

クレソンジャーニーの壁と天井。

室内の壁、天井の材質がFRPになっています。

従来の壁はPVC(ポリ塩化ビニル)、天井は布製でした。

FRPになったことで傷が付きにく耐久性が増しています。

 

従来のクレソンボヤージュの床。

 

クレソンジャーニーの床。

室内の床材がクッションフロアに変更されています。

 

従来の床だと固い物を落とすと凹んだり傷が付いていました(下記画像のブログ記事クレボンに傷が… 〜再発防止策〜

 

クッションフロアはクッション性があり傷が付きにくく水に強いので、お手入れも簡単です。

 

家具

従来のクレソンボヤージュ(タイプX)の家具。


出典:ナッツRV

 

クレソンジャーニー(タイプX)の家具。

家具のデザインが変更されています。

所々に小物置きが追加されていてよりお洒落で使いやすい作りになっています。

デザインの変更により上部収納庫がより広くなっている気がします。

家具のカラーは2色から選べるそうです。

落ち着いたカラーのダークブラウン系と、白が基調で明るいカラーのパウダーオーク。

 

マットレス

従来のクレソンボヤージュ(タイプX)のマットレス。

 

クレソンジャーニー(タイプX)のマットレス。

常設ベットのマットレスが進化しています。

今度のマットレスはベット専用のマットレスを導入されています。

厚みも増して寝心地が格段に向上しています。

 

さり気なくナッツの羽マークも入っていてカッコいいですね

 

 

ベット

タイプW(2段ベットタイプ)だけですが下段のベットが跳ね上げ式の天板になっているので、室内からの荷物の出し入れがかなり楽になっています。

 

以上が気になる変更点でした。

今回残念ながらタイプRは展示されていませんでした。

一番見てみたかったのですが。

タイプRについてはまた追々お伝えしたいと思います。

 

動画でクレソンジャーニーをご覧になりたい方は、下記動画の後半からクレソンジャーニーの紹介をしています。

 

さて『ジャパンキャンピングカーショー2020』は今回の記事で最後となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

↓ランキングに参加中クリックお願い致します↓

キャンピングカーブログランキング参加用リンク一覧

目次へ