キャンピングカーのシャワーって必要⁉️

もうすぐ春ですね〜🌸

これから暑くなって来ると、汗かきさんにはキツイですよね😥


↓ランキングに参加中クリックお願い致します↓

キャンピングカーブログランキング参加用リンク一覧


汗をかいた時、キャンピングカーの中で、

サッとシャワーを浴びれたらサイコーですよね😄

ヨシタカがキャンピングカーのシャワー動画を作りました😉



けっこう為になるので見て下さいね🤩

後半は最後の方にのせていますよ😄

でもキャンピングカーのシャワー普及率はとても低いですし

あまり必要とされていないみたいです😌

キャンピングカーオーナー関心度 「トイレ11位/シャワー13位」

2年前の統計ですけど

出典:日本RV協会「2018年キャンピングカー白書」

なぜか考えました😌

私の勝手な考えですが

[1] 日本はどこへ行っても温泉施設や銭湯があります♨️

さらに高速道路のサービスエリアには数は少ないですけど

シャワー施設のあるサービスエリアもあります😉

なので入浴には困らないのですね😌

[2] もともとシャワー付きのキャンピングカーは別ですが

クレボンみたいにマルチルームだけ付いてるタイプだと

オプションで付けなければなりません😣

クレボンにシャワーをオプションで付けてかかった金額は

60リットル給排水タンク
87,400円

温水キット(ラジエーター、ボイラー)
115,000円

シャワーパン
34,500円

シャワーキット(シャワーヘッド、シャワーカーテン)
34,500円

マルチルーム小型ベンチレーター
32,200円

合計 303,600円

けっこうかかりますよね😳

[3] 排水給水問題も出て来ますよね😌

2、3日の短期旅行ならば(1回程度のシャワー)

ならば良いですが

長距離旅行で何回もシャワーを使うとなると

排水給水問題が出て来ます😐

[4] メンテナンスが必要

ボイラーの水は石灰成分が固まって詰まってしまったり、

腐り防止のために水抜きする必要があります。

また、使用後に水滴が天井や壁につくため、

使ってすぐに乾燥させないと、すぐにカビてしまいます😨

使用したらすぐ水滴を拭き取り、FFヒーターを作動させて乾かします😉

今までの話だと、キャンピングカーにシャワーは必要が無いとなりますが、

付けた方が良い事もあります😄

[1] シャワー機能があるという事は、ボイラー設備があると言うことで、

シャワー以外(キッチン)でもお湯を使うことができます😉

[2] 1日終わって、温泉施設を探したり、営業時間を気にしたりせず

車中泊場所が決まれば、シャワーを浴びてくつろげますね🤩

[3] 最初にも言ったのですが、夏場汗をかいた時、

外遊びをして身体が汚れた時

シャワーをサッと浴びれれば車内が汚れる事がありません😌

ヨシタカがシャワーについて詳しく紹介した動画の後半です🤩

キャンピングカーのシャワーに興味のある方にとって

とても分かりやすい動画だと思います😀



私はキャンピングカーのシャワーは、

付けても付けなくても良いかなぁ〜と思いますが〜

キッチンでお湯が使えるのは最高です🥰

寒い冬などはとても助かります😄

それを考えると有って良かったと思います😍

↓ランキングに参加中クリックお願い致します↓

キャンピングカーブログランキング参加用リンク一覧

目次へ